紫外線の浴びすぎで出来たシミはケシミン系のクリームで消えるの?

  • LINEで送る
image photo
 
加齢とともに増えるのが、シミ。
特に我々更年期を迎える年頃になると、明るい光の中で鏡の前での我がご尊顔に嫌気がさします。特に就寝前のノーメイク状態。あのお笑い芸人ではないけれど、「私、顔捨てたろかな?w」と思う今日この頃。
 
そんな中流れるあのCM。
そう、「シミにはケシミン」
「えっ?シミって塗り薬をつけていれば消えるの?」
「レーザーなんていらないじゃん?」
そう期待を持った淑女もいることでしょう?
 
 
結論から言います。

一度出来たシミは塗り薬では絶対消えません!

薄くなった気がする… 程度です。

完全に消すには美容外科のお世話になるしかないのです。

ケシミンなどの軟膏はシミができる前に、シミができることに対して抵抗するものなんです!
つまり、あれはこれからBBAの入り口をノックする、若くてケアの充実した時代に生まれたラッキーガール(古っ)たちが塗るもの。
もちろん、もう充分シミで来てるけどこれ以上濃くなるのは勘弁!って人には有効かも。
 

シミが出来るメカニズムをもう一度おさらい!

 
①肌に紫外線を浴びる。(肌老化の原因の約65%が紫外線です)
    ↓
②メラノサイトにメラニン色素がつくられ、肌を守ろうとする
(俗に言う『日焼け』)
    ↓
③つくられたメラニンは時間が経つと剥がれ落ちる。
(元の肌色に戻る)
 
この一連のサイクルをターンオーバーといいます。
このターンオーバーを長年繰り返していると、メラノサイトが増加し
表皮が厚くなりシミとなってしまうのです。
 
このターンオーバーの周期は約4週間(28日間)くらいが適正といわれています。
この周期が早くなっても、遅くなってもダメで、この乱れこそが
シミを出来やすくしてしまう要因となります。
 

ターンオーバーの周期の乱れの原因とは?

遅くなる要因 加齢
早くなる要因 日焼け・肌荒れ・過度な洗顔(クレンジング)
 
日焼け・肌荒れ・過度な洗顔(クレンジング)は肌が傷つくと、早く回復しようとする働きがあるからです。
この他にも周期の乱れの原因としては
睡眠不足食生活の乱れ運動不足などが挙げられます。
 
つまり加齢や遺伝的な肌質は、もうどうすることが出来ないとしても、
それ以外は自分の努力次第でケアできるのです。
 

ターンオーバーの周期の乱れを正すには… 

  • 6時間以上の十分な睡眠を毎日とる。
  • 週1〜2回のピーリング。(※やりすぎ厳禁)
  • セラミド配合のアイテムで保湿。
  • 適度な運動で血流を促進させる。(※喫煙はダメ)
  • バランスの良い食生活

以上を心がけるようにしましょう!

ではケシミンクリームの効能って何?

まずはあのケシミンクリームの箱に書いてある効能の欄には以下のように書かれています。

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。肌あれ。あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。
皮ふをすこやかに保つ。肌を整える。皮ふにうるおいを与える。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。

つまり、ケシミンはシミを消す薬ではなく、シミやそばかすの原因となる「メラニンの生成を抑える」ためのものなのです。

ケシミンの主な成分は3つ

  • ビタミンC誘導体…メラニンの生成を抑制する成分。
  • トコフェロール…お肌の酸化を防ぎ血行を促進する成分。
  • アルブチン…美白を促す成分で、メラニンの生成も抑制する成分。

その他にも保湿効果のある成分も含まれています。

以上からケシミンはあくまでもシミ対策のクリーム。

シミを作りたくない場所に、シミができる前に、マメに塗る習慣をつければシミを防ぐことができるんでしょう!

しかしながら、もし塗り続けた場所に将来シミができなかったとしても、それがケシミンの効果と思えるかどうかは

あなた次第です!!

普通のケシミン(女性用?)とメンズケシミンは成分がどう違う?

 
一見メンズケシミンのほうが、成分が濃くて効き目が強いイメージがありますよね?
これはネットで調査してみましたが、あまり成分自体に違いはなく、マーケティング戦略として、男性でも買いやすいパッケージデザインしたり、男性が好みそうな香りを配合しただけのようです。

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*