えっ寝不足が原因!? 朝起きたら目の下にクマが! 何をすれば消えるの?

  • LINEで送る
クマのイメージ

クマのイメージ

目の周りにクマができる原因は?

  • 人間の眼球の周辺はやわらかい脂肪で覆われているので、その外側を覆っているまぶたの皮膚は、ほかの身体の皮膚よりも薄くできているため。
  • まぶたの周りの皮膚は皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、神経なども過敏にできているため。
  • 色素沈着を起こしやすく、メラノサイトの活動が旺盛なため、強くこすったり刺激を与えると、すぐに黒くなってしまうため。
  • 遺伝による個人差でできやすい場合も多く、欧米人は彫りが深く目の周りがくぼんでいるため、影となりクマも目立ってしまう。

あなたのクマはどんなクマ?

クマのイメージ

青クマ

朝起きて鏡を見たら気づく、あのクマです。
寝不足や運動不足、寝冷えなどで血流が悪くなり、まぶたの下の静脈が青あざのように透けて見えるものをいいます。
目の上や下の皮膚は特に薄いので目立ってしまうのです、

特徴

クマを指で揉んだりすると薄くなりますが、完全には消えないのでメイクで隠すしかありません。

ケアの方法は?

とりあえず、ホットタオルなどで保温して血流を促してから、メイクで隠しましょう。
通勤などで体を動かすうちに、気がつくと薄くなっているか消えている場合が多いです。
青クマができやすい人は運動不足や冷え性の人が多いので、適度に運動して血流を促す習慣をつけましょう。
長時間のパソコンワークを知る人は首や肩の血流が悪くなり、特に要注意です。
寝る前に目の周りをマッサージしたり、ツボを押したりするのも効果的です。

黒クマ

まぶたの下の皮膚が老化によってむくみやたるみができて、影になることで黒っぽくみえるクマ。
皮膚の老化が原因なのでアンチエイジングケアが必要です。

ケアの方法は?

メイクである程度はごまかせますが、基本たるんでいるので影は何ともなりません。
ケア
肌のハリを促すため、コラーゲンを増やすレチノールの配合された美容液やクリームを
寝る前に使用するようにしましょう。

茶クマ

まぶたの下をこすったり、何かしら刺激を与えたりして色素沈着をおこし、茶色く見えるクマ。

特徴

マッサージして血流を促してもも簡単には消えません。メイクで隠すしか方法はありません。

ケアの方法は?

色素沈着はいわゆるシミやくすみなので、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された化粧品でのケアが重要です。
刺激などによってもできやすいので花粉症などで目をこすったり、過度なマッサージをする習慣がある人は注意が必要です。
ピーリングなどで角質を除去して、肌をやわらかく保つのも有効的です。
青クマができやすい人は運動やツボ押しが効果的!
青クマができやすい人は、基本冷え性体質の人が多く見られます。生まれつきの体質を変えるのはなかなか難しいですが、
運動習慣によって、多少なりとも改善することができます。仕事の合間に肩こりや首をほぐすストレッチをするとかウォーキングなどの
軽い運動習慣を取り入れることから始めてもいいかもしれませんね。

青クマに効果的なツボは?

目の周りの皮膚は薄くできているため、マッサージするとかえって逆効果になる可能性も高く、ツボ押しによるケアのほうがオススメです。

晴 明

クマに効くツボ01

目頭の鼻寄りのくぼみ

球 後

クマに効くツボ02

目尻から目頭をだいたい四等分したときの目尻から一等分あたり

四 白

クマに効くツボ03

目の中心のちょうど下の頬骨のあたりのくぼみ

ツボ押しの際のアドバイス

  1. 洗顔後、化粧水や美容液をつけた後にするようにしましょう!
  2. 三秒くらい押して離す。これが1セット
  3. 三箇所のツボ押しを各ツボ1日3〜5回セットでしましょう!

まとめ

睡眠時間が短いとなぜクマはできるの?

よく寝起きで鏡を見てできているクマは、むくんで下のまぶたが腫れぼったくなっていまった時にできる、膨らみの影である場合が多いです。前日に飲みすぎたり、塩分の高いものを多くとりすぎたり、疲れが溜まっている時に現れます。

たっぷり睡眠をとっていても消えない場合は?

クマができる原因は単に睡眠不足が原因とは限りません。短期的にクマができる原因は主に血行不良なので、もともとの体質や普段の運動不足が原因となる場合も多いです。すっぴん時に人から顔色が悪いとか、冷え性の人は筋肉を鍛える運動を始めるとか、摂取水分を減らすなどして、血行不良を改善することに努めましょう!
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*