皮膚の構造ってどうなってるの?エイジングケアの前に絶対知りたい肌のこと

  • LINEで送る
表皮のイメージ
表皮のイメージ
人間の皮膚は上から、表皮、真皮、皮下組織の順番でつくられています。
この中でもエイジングケアにとって最も重要な構成組織である、表皮、真皮についてわかりやすくまとめてみました!
これから肌老化をできるだけ抑制していきたいと考えている方にはとても重要な知識なのでぜひ把握しておきましょう!

肌の構造の図解

表 皮

表皮は肌の一番表側の組織で、以下の組織で構成されています。エイジングケアにとって一番気になるシワやシミが形や色となって現れる場所ですね。

角質層

人間の身体のバリア機能を果たしている。
約20層の細胞がレンガのように重なってできている。
レンガにあたる組織はいわゆるセラミドとよばれ肌のバリア機能を果たしている。
表皮細胞が死んだものでできている。
約30%の水分を含んでいる。30%を下回ると乾燥肌に。
人間の目で見える皮膚そのものを言う。
内部の水分が外に蒸発しないように守る役目も果たす。
かゆみや赤みなどアレルギー反応を伝える場所でもある。

表皮細胞

生きた細胞でできている。
約65%の水分を含んでいる。
肌への温度や刺激・アレルギーなどを神経に伝えるなどの役目を果たす。
ターンオーバーにより約28日周期で生まれ変わる。
加齢が原因で層が薄くなっていき、ターンオーバーの周期も遅くなっていく。

メラノサイト

太陽の紫外線に反応してメラニン色素をつくりだす色素細胞。

真 皮

表皮の下にある層で、約70%はコラーゲンという線維とコラーゲンを支えるエラスチンという線維で構成されています。
そのまわりをエイジングケアのカギとなる、ヒアルロン酸というゼリー状の物質が埋めつくしている。

コラーゲン

真皮の大部分を占める。
ゴムのように弾力性をもった線維。
線維芽細胞から生み出される。
減少していくと肌にシワをつくってしまう。
化粧品などに含まれるコラーゲンはあくまで保湿作用のみで、真皮のコラーゲンを補うものではないので注意!

エラスチン

真皮の約5%を占める
コラーゲンを支える、例えるなら鉄筋コンクリートの骨組みのような役割。
コラーゲンと同様減少していくと肌にシワをつくってしまう。

線維芽細胞

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成する細胞。

ヒアルロン酸

ムコ多糖類といわれるゼリー状の物質。
網目構造のコラーゲン・エラスチンの隙間を埋めつくす物質。
水分を含む力が強く、みずみずしく弾力性がある。
赤ちゃんのときが一番多く存在し、年齢とともに減少していく。
コラーゲンを含むサプリや料理などで補うことはできない。
肌以外にも存在し、人体の水分補給庫のような役割を果たす。

皮脂線

皮脂を分泌する細胞で構成されている。
毛穴の中に分泌され、毛穴から脂として外に排出される。

汗線

汗を分泌する細胞で構成されている。
エクリン汗線とアポクリン汗腺があり、いわゆる汗のいやな匂いなどの原因となる。

まとめ

敏感肌・乾燥肌の原因は角質のバリア効果の衰退

角質層はいわば身体のバリアという重要な役割を果たしています。
海入っても海水で肌はピリピリしませんが、粘膜や傷などがあったりするとピリピリしてしまうのは、この角質層がバリアしているからなのです。
健康な角質層は、自力でセラミドなどの保湿成分を生み出す機能があるため、約30%くらいの水分を常に含んでいます。
しかし、加齢や環境などによって水分が減ってしまうと乾燥肌になります。
そして乾燥肌になると、角質層のバリア機能も低下してしまうため、外からの刺激を受けやすくなります。これが敏感肌というもので、かゆみやアレルギーを起こしやすくします。

角質のバリア機能は「セラミド」の量がカギ

吸水性のあるスポンジ

角質のバリア機能は「セラミド」の量が関係してきます。セラミドの量が減退してしまうと、バリア機能も低下して、
肌老化を促す原因となります。
角質層とセラミドの関係はレンガとセメントの関係に似ています。セメントの部分(セラミド)が減ってしまうと、レンガ(角質層)も不安定になって剥がれ落ちていきます。冬などに肌が乾燥して、白い粉が顔などにふいてしまうのはこのためです。
年齢を重ねるとともに、このセラミドのつくられる量は減っていくので、自然と乾燥肌になっていきます。

肌老化はコラーゲンがカギを握る

弾力性のあるゴム

コラーゲンはゴムと同じで伸び縮みはしますが、細胞ではなく線維であるため、ターンオーバーにより生まれ変わりができません。したがって紫外線や加齢によってどんどん劣化していき古いゴムのように弾力はしだいに失われ、シワをつくっていきます。若い年齢のときにはゆっくりと新陳代謝していますが、40代以降になるとほとんど新しくつくられなくなります。
したがって、今の段階では画期的な美容外科技術が進化しないかぎり、失ったコラーゲンを取り戻すことは困難です。
加齢はどうしても人間にとって避けられない現象であるかぎり、私たちはいかに紫外線から肌を守るかしか術がないのです。
このような肌の基本構造を理解した上で、今後もエインジングケアにしっかりと向き合っていきましょう!
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*