シミ対策

美白成分は肌を白くはしない?今更聞けないその働きと成分を徹底解説!

美白成分の入った化粧品を使っていれば、今の肌の色よりも白くなっていくのでは?

そう思って使い続けている人もいると思うけど大きな間違いよ!

美白成分って聞くとなんか漂白剤みたいに、肌の色を白く変える成分だと勘違いしがちだけど、

美白成分は、肌を黒くするメラニン色素の生成を抑えるためのものなの。

つまり、紫外線を浴びることによって肌が黒くなることを防ぐ役割をはたすもの。

生まれつき肌が地黒だったりする人が使い続けても、最終的に肌が白くなることはありません。

では改めて、紫外線がメラニンを生成させるしくみをみてみましょう!

紫外線がメラニンを生成させるしくみ

シミができる仕組みの図解

  1. 表皮細胞に紫外線を浴びる
  2. 「エンドセリン」などの情報伝達物質が、メラノサイトに肌を守るように指示をする。
  3. 指示を受けたメラノサイトで「チロシナーゼ」という酸化酵素が働き、メラニン色素をつくる。
  4. つくられたメラニン色素は表皮細胞まであがっていき、肌が黒くなる(日焼け)。

メラニン生成漫画

そして美白成分には主に以下の二つの働きのいづれかをもつものが多いです。

  • メラノサイトに肌を守るように指示をする「エンドセリン」の働きを抑制する。
  • メラニン色素を生成する「チロシナーゼ」の働きを抑制する。

では美白成分にはどんなものがあるのか見てみましょう!

 

美白成分の種類とその働き

成分配合イメージ

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に浸透しやすいように改良した成分。
シミだけでなくニキビの炎症も抑え、シワのケアにも効果がある。

アルプチン

コケモモから抽出された成分で、メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

コウジ酸

みそやしょうゆ由来のコウジ菌がもととなる成分。メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

エラグ酸

いちごから抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

ルシノール

もみの木に入っている成分がモデルになって成分、チロシナーゼを抑制する作用がある。

リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用がある。

M-トラネキサム酸

抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を、美白成分として改良したもの。

4MSK

慢性的なターンオーバーの乱れ注目して作られた成分で。角化を正常にするほか、メラニン生成抑制も担う。

エナジーシグナルAMP

皮膚の細胞のエネルギー代謝の低下が、シミやソバカスの原因となることに着目して作られた成分。

マグノリグナン

植物に含まれる天然化合物をもとに開発された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

D-メラノ

メラニンの生成の過剰を抑え、メラノサイトから表皮細胞への移動を抑制する。
別名ナイアシン(ビタミンB3)

ロドデノール

白樺の樹脂に含まれる天然物質で、メラニン生成を抑制する。特に黒色メラニンの生成を優先に抑制する。

TXC

トラネキサム酸セチル塩酸塩のことで、肌内部でメラニンの過剰な生成時に起こる主要因子の連鎖反応を食い止める。

その他の美白成分

油溶性甘草エキス

甘草という漢方薬から抽出された成分で、炎症を抑える作用がある。

ハイドロキノン

美白といえばハイドロキノンといわれるほど海外ではポピュラーな美白成分。
日本では2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能になった。
チロシナーゼを抑制する作用がある。

結局どの美白成分が一番効果がある?

美白化粧品には医薬部外品指定の成分が含まれているものと、含まれていないものがあります。
でも、必ずしも医薬部外品指定の成分が含まれているもののほうが、効果的とも限りません。
上記以外にもまだまだ美白成分の種類は無数にあって、今後も新たに開発がされることでしょう。
しかし、効力が強ければいいというものではありません。肌質や体質は人それぞれで、
刺激の強い成分が、かえって肌荒れなどを引き起こすこともあります。
だから、自分でいろんなものをつかってみて、自分に合った美白化粧品を探すほかありません。
なお、補足情報として、
美容外科や美容皮膚科の先生は、ビタミンC誘導体やカモミラETなど炎症を防ぐ効果が期待できるものをよく使用しているようですね。
肌にやさしいかつ、アンチエイジングにも効果があるからだそうな。

 

 

ビタミンC誘導体って本当にシミに効果があるの?その真相を調べてみた!

そもそもビタミンC誘導体って何?

よく美白美容液なんかに配合されている「ビタミンC誘導体」。

シミに効果があるとされる成分としてよく耳にしますが、

これはメラニンの生成を抑え、シミを薄くしたり出来にくくする「ビタミンC」をより肌に浸透させ、

安定させるために加工された成分のことを言います。

ビタミンC誘導体はすべてのシミに効果があるの?

私たちを悩ますシミには主に下記のような種類があります。

 

シミの種類 特徴 ビタミンC誘導体による効果
老人性色素斑 加齢と紫外線によるもの
肝 斑 両頬にでき、境界線のはっきりしないもの
炎症後色素沈着 ニキビ跡や傷跡からできたもの
そばかす 遺伝的な要因が高く、目の下周辺にできる。
脂漏性角化症 触ると盛り上がっているイボのようなやつ。 ×
花弁状色素斑 急な日焼けにより、火傷のあとにできたもの ×

脂漏性角化症・花弁状色素斑はビタミンC誘導体ではほとんど効果が期待できないので、美容外科でのレーザー治療でしか消すことは難しいとされています。また、そばかすは遺伝的要因が高く、ビタミンC誘導体により薄くなってもまた復活しやすいです。

一度できてしまったシミはビタミンC誘導体で消えるの?

基本的にビタミンC誘導体は、シミを薄くしたり出来にくくするもので、

一度出来てしまったシミをビタミンC誘導体で消すにはかなり時間がかかります。

それこそシミなんて気にもならないくらいBBAになっちゃう(笑)

出来るだけ早くシミを消したいなら「ハイドロキノン」配合の美白美容液を使いましょう!

ただしハイドロキノンには強力な漂白作用があり、アレルギー性皮膚炎などの副作用を起こす危険のあるので頬全体ではなく、シミにピンポイントで塗りましょう!

 

ビタミンC誘導体にはどんな種類があるの?

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性、新型の3種類があります。

それぞれの特徴としては

浸透力 安定性
水溶性ビタミンC誘導体 普通のビタミンCの8倍 高い
脂溶性ビタミンC誘導体 普通のビタミンCの20倍 高い
新型ビタミンC誘導体 普通のビタミンCの100倍 低い

●水溶性ビタミンC誘導体…文字通り水溶性なのでローションタイプの化粧水が多い。
●脂性ビタミンC誘導体…油に溶けるので、クリームやジェルタイプの化粧品などが多い。
●新型ビタミンC誘導体…浸透力は抜群ですが、安定性が低い。ローションタイプの化粧水が多い。

総合的にいって、一見新型ビタミンC誘導体が良さそうに見えますが、価格が高く安定性が低いのでコスパが悪いです。

私は個人的にはコスパが良くて、安定性のある「水溶性ビタミンC誘導体」配合のローションタイプの化粧水がオススメですね。