シミ対策

今更聞けない!「シミ」ができる過程とメカニズムについてまとめてみた!

シミができるイメージ
シミができるイメージ
紫外線による肌へのダメージは、いくら対策をしていても日々の積み重ね。
貯金のようにちょっとづつちょっとづつ貯まっていきます。
でもお金のように簡単に消えてくれはしないのよね。
そして肌の奥に貯まり細胞のDNAを傷つけ、ある一定のレベルに達した時に「シミ」として表面に顔を出します。
だから少しでもシミが出来ないようにするためには、まず「シミ」ができる過程やメカニズムについて
ちゃんと知っておくことが重要なのよ!

紫外線の本質とは?

太陽から私たちが浴びる光には
  • 可視光線……50%(まぶしさ)
  • 赤外線……45%(暑さや熱)
  • 紫外線……5%(何も感じない)
そして紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があります。

A波(UV-A)

弱いエネルギーで少しづつじわじわと肌に浸透していく。雲も通り抜けるので曇りの日でも着実に肌に影響を与えます。

B波(UV-B)

強いエネルギーで肌を赤くしたりヒリヒリさせます。雲を通り抜けにくい。
となります。つまり紫外線自体は太陽光の5%くらいしかなく、まぶしさも熱も感じません。

シミができる過程

ターンオーバーの図解

  1. 紫外線を肌が浴びる
  2. 情報伝達物資がメラノサイトにメラニンで肌を守るよう指示
  3. メラニン色素の生成が始まる
  4. 徐々に表皮までメラニン色素が達し、肌が黒くなる。
  5. 時間の経過とともにメラニン色素は剥がれ落ちる。
1から5の過程をターンオーバーと呼び、通常その周期は約28日とされています。
しかしターンオーバーを過剰に繰り返したり、加齢や生活習慣の要因などにより、
その周期が乱れると、メラニン色素が過剰につくられつづけ、剥がれ落ちずに表皮にとどまってしまいます。
つまりこれが「シミ」というわけなのです。

シミができてしまったら?

基本的に一度出来あがってしまったシミがなくなることはまずありません!
ただ、薄い色の出来立てのシミは美白化粧品やシミクリームを塗り続けることによって薄くすることは可能です。薄いシミならば、メイクなどで上手に隠すこともできますしね。
ただ、今後さらにシミが濃くなっていくことを防ぐために、UVケアの徹底はとても重要です!

正しいUVケアは、これが正解!

UVケアは日差しの強い晴れた日や夏にしかしない方も多いと思いますが、
これは大きな間違いです。
紫外線は、年中無休で晴れた日も曇った日でもアナタの肌に襲いかかります。
そして確実にそれは、貯蓄のように蓄積され、シミとなって姿をあらわします。
UVケアは一年中、外出するときはかかさず行いましょう!
女性イメージ

日焼け止めクリームの塗り方のポイント

1.使用しているクリームの適量を守る。

沢山塗ったっからといって、効果がアップするわけはありません。肌を傷めてしまっては本末転倒です。
商品によって成分の強い弱いがあるので説明書などをよく読んで適量を使用しましょう。

2.外出する直前ではなく、少なくとも30分以上前に塗る。

日焼け止めクリームは、肌に浸透するまで時間がかかるので、
塗った直後のUVケア効果はあまり期待できません!

3.ムラなく塗って肌に隙間をつくらない。

全体にムラなく塗りましょう! 特にシミのできやすい頬骨あたりは入念に!

4.上からファンデーションで仕上げ

さらに確実に、UVケアするためにパウダーファンデーションを上から重ねます。
2時間くらいチョット外に買い物などに出かける場合は、ファンデーションだけでもOKです!

日焼け止め化粧品を選ぶポイントは?

紫外線はたくさん浴び続けると確実に肌の老化を早めます。若い頃太陽の下で活躍したスポーツやサーファーが、
30代でも老けて見えるのは明らかに、普通の人よりも紫外線を浴び続けていたからでしょう。
肌の老化は人間にとって避けられませんが、早い段階でのケアによって遅らせることは可能です。
UVケアは年中無休で必須、だからこそ、自分の肌を守る日焼け止め化粧品の選定はとても重要でです。

日焼け止め化粧品に含まれる成分について充分理解しましょう。

日焼け止め効果のある成分は主に2種類
●紫外線吸収剤
文字通り紫外線を吸収する化学物質です。
紫外線には上記のとおりA波(UV-A)とB波(UV-B)がありますが、両方を同時に防ぐことが重要です。
A波(UV-A)に効く吸収剤……パラソールA、メギゾリルSXなど
B波(UV-B)に効く吸収剤……桂皮酸、オキシベンゾンなど
●紫外線散乱剤
金属を酸化させた物質により、紫外線を肌の上で反射させる働きがあります。
酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクなど

日焼け止め化粧品を選ぶ2つのポイント

日焼け止め化粧品には以下の3つの成分が入っていることが重要です。

1.PAとSPF

  • PA……A波(UV-A)を防ぐ
  • SPF……B波(UV-B)を防ぐ
長時間外にでるときはPAとSPFが高いもの選ぶのが効果的ですが、肌が弱い人はかえって負担を与えてしまうので要注意です。
お買い物やちょっとした外出の場合
  • PA   ++    SPF 20 の表記のもの
目安としては夏の外でのレジャーやスキーを長時間楽しむ場合。
  • 普通の肌   PA   +++    SPF 50 の表記のもの
  • 敏感肌  PA   +++    SPF 30 の表記のもの

2.敏感肌には紫外線吸収剤フリー

敏感肌の人には紫外線吸収剤は、肌にとって刺激となってしまうので紫外線吸収剤を含まない商品を選びましょう。
「紫外線吸収剤不使用(フリー)」「ノンケミカル」の表示のもので、クリームタイプや乳液タイプがおすすめです。

あなたのシミはどれ? シミの種類と特徴を知るものはシミを制す!?

シミのイメージ
シミのイメージ
淑女にとっての永遠の悩みである「シミ」。
やみくもに美白化粧品やシミのクリームなどを塗っても簡単に消えるものではありません!
シミにもいろんな種類があり、それぞれのシミの特徴を十分に把握することが重要なの。
自分のお顔にあるシミはどんなシミか?自分が将来できやすいシミがどんなシミか?
しっかりと知っておきましょう!

シミの種類

老人性色素斑(ろうはん)

老人性色素斑

特徴

シミの中でもっとも多いのがこれ。
別名で「日光性黒子」と呼ばれ、文字どおり紫外線による日焼けが長年積み重なってできたものです。
頬骨のあたりと、こめかみあたりにできることが多く、初期は薄茶色ですがだんだんと濃くなっていきます。
輪郭がはっきりとしたものが多く。目立ちやすいのもその特徴です。手で触れるとかすかに盛り上がっているものあります。

ケアの方法

初期の段階のぼんやり薄い茶色のときには、美白化粧品が効果を発揮しやすいですが、濃くなってしまうと美白化粧品を使っても消えることはありません。色が濃くて輪郭のはっきりしたものには、レーザー治療しかありませんね。

肝斑(かんぱん)

肝斑

特徴

肝斑は女性特有のもので、ホルモンバランスの乱れが原因でできるシミです。
女性ホルモンのバランスが乱れてくる30〜40代の女性、妊娠中たピルなどを服用している方、更年期の方によくみられます。
両頬骨のあたりに左右対称にできることが多く、薄茶色で輪郭がはっきりとしてないことが特徴です。
生理前に色が濃くなることもあるようですね、

ケアの方法

美白化粧品でのケアが有効となります。
ピーリングと併用してケアすると効果抜群です!
あとトラネキサム酸が含まれた内服薬も効果があるようです。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

特徴

ニキビや傷、虫刺されなどのあとがシミになったもの。
洗顔のときに、強く頬を擦りすぎることが習慣となってできる場合もあるようです。
基本的には肌の炎症したあとにできるものですが、ケアをせずにその上から紫外線をあびることで
沈着してしまうおそれもあります。

ケアの方法

炎症の原因を取り除いてやれば、しだいに消えていきます。
美白化粧品でのケアも有効です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症

特徴

老人性色素斑がさらに進行して、イボのように盛り上がってしまったもの。
表面はブツブツしていて色は焦げ茶色のもが多いです。

ケアの方法

美白化粧品を使っても消えることはありません。

雀卵斑(ソバカス)

ソバカス

特徴

10代にできることが多く、遺伝的な要因のもの。
細かく小さな薄茶色の斑点が両頬と鼻の上部にちらばってできます。
白人の欧米人に多くみられます。

ケアの方法

美白化粧品はある程度有効ですが、遺伝的な要因のためにあまり薄くはなりません。
レーザー治療で消すことも可能ですが、これも遺伝的な要因のために再発する場合もあるようです。

花弁状色素斑

花弁状色素斑

特徴

海水浴やプールなどで、急激に日焼けをして赤くなったあとに肩から背中にできる小さなシミ。

ケアの方法

美白化粧品を使ってもあまり効果は期待できません。
レーザー治療が有効です。

まとめ

シミの種類 美白化粧品の効果
老人性色素斑 ◯※初期の場合
肝斑(かんぱん)
炎症性色素沈着
脂漏性角化症 ×
雀卵斑(ソバカス)
花弁状色素斑 ×
女性の場合のシミの9割は「老人性色素斑」と「肝斑」といわれいます。
つまり肝斑は女性ホルモンの乱れを正したり、美白化粧品の効果も期待できることから、私たちの最大の敵は「老人性色素斑」ということになります。
「老人性色素斑」は初期の段階にしか美白化粧品の効果が期待できないので、
できるだけ早い段階で、自分のシミの種類を見極めてケアすることがいかに重要かってことですね。

美白成分は肌を白くはしない?今更聞けないその働きと成分を徹底解説!

美白成分の入った化粧品を使っていれば、今の肌の色よりも白くなっていくのでは?

そう思って使い続けている人もいると思うけど大きな間違いよ!

美白成分って聞くとなんか漂白剤みたいに、肌の色を白く変える成分だと勘違いしがちだけど、

美白成分は、肌を黒くするメラニン色素の生成を抑えるためのものなの。

つまり、紫外線を浴びることによって肌が黒くなることを防ぐ役割をはたすもの。

生まれつき肌が地黒だったりする人が使い続けても、最終的に肌が白くなることはありません。

では改めて、紫外線がメラニンを生成させるしくみをみてみましょう!

紫外線がメラニンを生成させるしくみ

シミができる仕組みの図解

  1. 表皮細胞に紫外線を浴びる
  2. 「エンドセリン」などの情報伝達物質が、メラノサイトに肌を守るように指示をする。
  3. 指示を受けたメラノサイトで「チロシナーゼ」という酸化酵素が働き、メラニン色素をつくる。
  4. つくられたメラニン色素は表皮細胞まであがっていき、肌が黒くなる(日焼け)。

メラニン生成漫画

そして美白成分には主に以下の二つの働きのいづれかをもつものが多いです。

  • メラノサイトに肌を守るように指示をする「エンドセリン」の働きを抑制する。
  • メラニン色素を生成する「チロシナーゼ」の働きを抑制する。

では美白成分にはどんなものがあるのか見てみましょう!

 

美白成分の種類とその働き

成分配合イメージ

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に浸透しやすいように改良した成分。
シミだけでなくニキビの炎症も抑え、シワのケアにも効果がある。

アルプチン

コケモモから抽出された成分で、メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

コウジ酸

みそやしょうゆ由来のコウジ菌がもととなる成分。メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

エラグ酸

いちごから抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

ルシノール

もみの木に入っている成分がモデルになって成分、チロシナーゼを抑制する作用がある。

リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用がある。

M-トラネキサム酸

抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を、美白成分として改良したもの。

4MSK

慢性的なターンオーバーの乱れ注目して作られた成分で。角化を正常にするほか、メラニン生成抑制も担う。

エナジーシグナルAMP

皮膚の細胞のエネルギー代謝の低下が、シミやソバカスの原因となることに着目して作られた成分。

マグノリグナン

植物に含まれる天然化合物をもとに開発された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

D-メラノ

メラニンの生成の過剰を抑え、メラノサイトから表皮細胞への移動を抑制する。
別名ナイアシン(ビタミンB3)

ロドデノール

白樺の樹脂に含まれる天然物質で、メラニン生成を抑制する。特に黒色メラニンの生成を優先に抑制する。

TXC

トラネキサム酸セチル塩酸塩のことで、肌内部でメラニンの過剰な生成時に起こる主要因子の連鎖反応を食い止める。

その他の美白成分

油溶性甘草エキス

甘草という漢方薬から抽出された成分で、炎症を抑える作用がある。

ハイドロキノン

美白といえばハイドロキノンといわれるほど海外ではポピュラーな美白成分。
日本では2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能になった。
チロシナーゼを抑制する作用がある。

結局どの美白成分が一番効果がある?

美白化粧品には医薬部外品指定の成分が含まれているものと、含まれていないものがあります。
でも、必ずしも医薬部外品指定の成分が含まれているもののほうが、効果的とも限りません。
上記以外にもまだまだ美白成分の種類は無数にあって、今後も新たに開発がされることでしょう。
しかし、効力が強ければいいというものではありません。肌質や体質は人それぞれで、
刺激の強い成分が、かえって肌荒れなどを引き起こすこともあります。
だから、自分でいろんなものをつかってみて、自分に合った美白化粧品を探すほかありません。
なお、補足情報として、
美容外科や美容皮膚科の先生は、ビタミンC誘導体やカモミラETなど炎症を防ぐ効果が期待できるものをよく使用しているようですね。
肌にやさしいかつ、アンチエイジングにも効果があるからだそうな。

 

 

ビタミンC誘導体って本当にシミに効果があるの?その真相を調べてみた!

image photo

そもそもビタミンC誘導体って何?

ビタミンc誘導体イメージ

よく美白美容液なんかに配合されている「ビタミンC誘導体」。

シミに効果があるとされる成分としてよく耳にしますが、

これはメラニンの生成を抑え、シミを薄くしたり出来にくくする「ビタミンC」をより肌に浸透させ、

安定させるために加工された成分のことを言います。

ビタミンC誘導体はすべてのシミに効果があるの?

私たちを悩ますシミには主に下記のような種類があります。

 

シミの種類 特徴 ビタミンC誘導体による効果
老人性色素斑 加齢と紫外線によるもの
肝 斑 両頬にでき、境界線のはっきりしないもの
炎症後色素沈着 ニキビ跡や傷跡からできたもの
そばかす 遺伝的な要因が高く、目の下周辺にできる。
脂漏性角化症 触ると盛り上がっているイボのようなやつ。 ×
花弁状色素斑 急な日焼けにより、火傷のあとにできたもの ×

脂漏性角化症・花弁状色素斑はビタミンC誘導体ではほとんど効果が期待できないので、美容外科でのレーザー治療でしか消すことは難しいとされています。また、そばかすは遺伝的要因が高く、ビタミンC誘導体により薄くなってもまた復活しやすいです。

一度できてしまったシミはビタミンC誘導体で消えるの?

基本的にビタミンC誘導体は、シミを薄くしたり出来にくくするもので、

一度出来てしまったシミをビタミンC誘導体で消すにはかなり時間がかかります。

それこそシミなんて気にもならないくらいBBAになっちゃう(笑)

出来るだけ早くシミを消したいなら「ハイドロキノン」配合の美白美容液を使いましょう!

ただしハイドロキノンには強力な漂白作用があり、アレルギー性皮膚炎などの副作用を起こす危険のあるので頬全体ではなく、シミにピンポイントで塗りましょう!

 

ビタミンC誘導体にはどんな種類があるの?

image photo

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性、新型の3種類があります。

それぞれの特徴としては

浸透力 安定性
水溶性ビタミンC誘導体 普通のビタミンCの8倍 高い
脂溶性ビタミンC誘導体 普通のビタミンCの20倍 高い
新型ビタミンC誘導体 普通のビタミンCの100倍 低い

●水溶性ビタミンC誘導体…文字通り水溶性なのでローションタイプの化粧水が多い。
●脂性ビタミンC誘導体…油に溶けるので、クリームやジェルタイプの化粧品などが多い。
●新型ビタミンC誘導体…浸透力は抜群ですが、安定性が低い。ローションタイプの化粧水が多い。

総合的にいって、一見新型ビタミンC誘導体が良さそうに見えますが、価格が高く安定性が低いのでコスパが悪いです。

私は個人的にはコスパが良くて、安定性のある「水溶性ビタミンC誘導体」配合のローションタイプの化粧水がオススメですね。