アンチエイジング

なぜ肌は乾燥する?保湿成分は何が一番有効なの?

砂漠の地肌

乾燥肌とはどういう状態の肌のことをいうのか?

通常の肌の角質層には約30%が水分でできていますが、
この割合が30%以下になった状態のことを乾燥肌といいます。
砂漠の地肌

どういう時に角質層の水分が30%以下になるの?

一般的に「乾燥肌」である状態は以下の状態のときをいいます。

  • 湿度が30%を下回っている環境にいる時
  • 角質層の保湿成分が不足している時
通常はセラミドなどの保湿成分が正しい働きをすれば、乾燥肌にはなりません。
人間の角質層で生産される保湿成分の量は年齢を重ねるとともに確実に少なくなっていきます。
つまり、年をとっていけばいくほど肌は自然と乾燥肌になりやすくなっていくのです。

肌の油がないのは乾燥肌?

よくオイリー肌という言葉がありますが、肌に脂気がないことを乾燥肌とはいいません。
乾燥肌とは保湿成分が多いか少ないかの問題です。
肌が乾燥すると分厚くなってシワになりやすくなるのはなぜ?
乾燥すると肌がゴワゴワして硬くなるのは、角質層が厚くなるのが原因です。
角質層は外からの刺激から肌を守るバリア的な役割があるので、乾燥すると、よりいっそうバリアの力が強くなり、厚みを増すのです。

乾燥肌は保湿で戦うべし!

補湿ではなく保湿を!

乾燥肌は単に上から水分を与えただけでは改善されません。保湿とは読んで字のごとく、湿度を保つこと。
すなわち保湿を維持する肌になるようにケアすることが重要です。
保湿力のある肌になれば乾燥した冬場でも乾燥肌になりにくくなります。
セラミドやヒアルロン酸など保湿成分が配合された美容液やクリームで保湿力をアップさせるケアに努めましょう!

美容液などに含まれる主な保湿成分の種類とは?

配合成分イメージ

水分含有力★★★★★

●セラミド

角質細胞間脂質の約40%を占め、乾燥した環境でも水分を逃がさない力が最強。

●スフィンゴ脂質

セラミド以外の角質細胞間脂質

●レシチン

大豆から抽出される保湿成分

●ステアリン酸コレステロール

脂質の一種である保湿成分

水分含有力★★★

●ヒアルロン酸

真皮に存在するゼリー状の物質でその保湿力は200から600倍

●コラーゲン

真皮の中にあるコラーゲンとは別もので、肌に塗った場合は保湿成分となる。
真皮にあるコラーゲンを補うものではないので注意。

●エラスチン

真皮の中にあるエラスチンとは別もので、保湿成分として配合されるもの。

●ヘパリン類似物質

血液の中にあるヘパリンという成分の類似成分を保湿成分として応用したもの。

水分含有力★★

●天然保湿因子

アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸など。

●PG、グリセリン、1.3BG

アルコールの一種で吸湿性がある。

●ミネラルオイル

ワセリンなど石油や鉱物からつくられた油分

●植物油

アボカドオイル、オリーブオイル、大葉オイル、米ぬか油などの油分

●流動パラフィン

石油からつくられた炭化水素類の混合物。

保湿成分の王様はやっぱり「セラミド」

保湿成分のイメージ

セラミドは肌の水分維持管理機能のほとんどを担っており、
人間の肌からすべてのセラミドを無くしてしまうと約80%の水分が失われてしまうほど最も重要な成分です。
セラミドは水に溶けず、水をサンドイッチ構造のように閉じ込めて逃さないので、たとえ湿度が0%になってもその中の水は蒸発しません。
つまり肌内に十分なセラミドがあれば、乾燥のきつい真冬の季節でも乾燥肌にはなりません。

セラミドの特徴

  • 肌のターンオーバーよってつくられる。
  • 加齢によってつくられる量は減っていく。
  • サプリのセラミドを飲用しても増えない。
  • セラミドを含んだ化粧品で補うことは可能。
以上から、乾燥肌が気になってくる年齢になってくると、セラミド配合の化粧水でケアすることが非常に有効といえるでしょう!
さらに40代を超えてくると、水分だけでなく油分の量も減ってくるのでクリームなども重ねて塗ることも重要です。

セラミド配合の化粧品を選ぶ際の注意点

  • セラミド1,セラミド2など数字がついているセラミドは価格は安いですが、濃度が低いのでその分効果も低くなるので注意。
  • セラミドは化粧水ではなく美容液またはクリームタイプのものを選ぶ。
  • 本物のセラミド配合のものは3,000円以上のものが多い。
以上からセラミド成分配合の化粧品は効果が高い反面、価格が高いのがネックですね。
もっと安くケアしたいという方にはヒアルロン酸配合のものを選ぶといいでしょう。
ヒアルロン酸はコストも安く、肌表面の保湿に非常に優れています。
ただしデメリットとしてヒアルロン酸配合の化粧品はベッタリとしてしまうので塗りすぎには注意が必要です!

医薬部外品に配合されている主な美白成分を調べてみた!

美容液イメージ

普段あなたが使用している、美容液などには様々な美白成分が配合されています。

あなたは美容液を購入する際、ちゃんと成分表を気にして買っていますか?

毎日お肌に使用するものなので、しっかりとそれらの知識を知っておくことはとても重要です。

人によっては肌に合う合わないということは、特定の配合成分が原因であるとも考えられます。

そこで、今回は代表的な美白成分とその特徴を簡単にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

美容液イメージ

 

代表的な美白成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に浸透しやすいように改良した成分。
シミだけでなくニキビの炎症も抑え、シワのケアにも効果がある。

アルプチン

コケモモから抽出された成分で、メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

コウジ酸

みそやしょうゆ由来のコウジ菌がもととなる成分。メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

エラグ酸

いちごから抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。
ルシノール
もみの木に入っている成分がモデルになって成分、チロシナーゼを抑制する作用がある。

リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用がある。

M-トラネキサム酸

抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を、美白成分として改良したもの。

4MSK

慢性的なターンオーバーの乱れ注目して作られた成分で。角化を正常にするほか、メラニン生成抑制も担う。

エナジーシグナルAMP

皮膚の細胞のエネルギー代謝の低下が、シミやソバカスの原因となることに着目して作られた成分。

マグノリグナン

植物に含まれる天然化合物をもとに開発された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

D-メラノ

メラニンの生成の過剰を抑え、メラノサイトから表皮細胞への移動を抑制する。
別名ナイアシン(ビタミンB3)

ロドデノール

白樺の樹脂に含まれる天然物質で、メラニン生成を抑制する。特に黒色メラニンの生成を優先に抑制する。

TXC

トラネキサム酸セチル塩酸塩のことで、肌内部でメラニンの過剰な生成時に起こる主要因子の連鎖反応を食い止める。
女性イメージ

その他の美白成分

油溶性甘草エキス

甘草という漢方薬から抽出された成分で、炎症を抑える作用がある。

ハイドロキノン

美白といえばハイドロキノンといわれるほど海外ではポピュラーな美白成分。
日本では2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能になった。
チロシナーゼを抑制する作用がある。

紫外線の浴びすぎで出来たシミはケシミン系のクリームで消えるの?

image photo
image photo
 
加齢とともに増えるのが、シミ。
特に我々更年期を迎える年頃になると、明るい光の中で鏡の前での我がご尊顔に嫌気がさします。特に就寝前のノーメイク状態。あのお笑い芸人ではないけれど、「私、顔捨てたろかな?w」と思う今日この頃。
 
そんな中流れるあのCM。
そう、「シミにはケシミン」
「えっ?シミって塗り薬をつけていれば消えるの?」
「レーザーなんていらないじゃん?」
そう期待を持った淑女もいることでしょう?
 
 
結論から言います。

一度出来たシミは塗り薬では絶対消えません!

薄くなった気がする… 程度です。

完全に消すには美容外科のお世話になるしかないのです。

ケシミンなどの軟膏はシミができる前に、シミができることに対して抵抗するものなんです!
つまり、あれはこれからBBAの入り口をノックする、若くてケアの充実した時代に生まれたラッキーガール(古っ)たちが塗るもの。
もちろん、もう充分シミで来てるけどこれ以上濃くなるのは勘弁!って人には有効かも。
 

シミが出来るメカニズムをもう一度おさらい!

 
①肌に紫外線を浴びる。(肌老化の原因の約65%が紫外線です)
    ↓
②メラノサイトにメラニン色素がつくられ、肌を守ろうとする
(俗に言う『日焼け』)
    ↓
③つくられたメラニンは時間が経つと剥がれ落ちる。
(元の肌色に戻る)
 
この一連のサイクルをターンオーバーといいます。
このターンオーバーを長年繰り返していると、メラノサイトが増加し
表皮が厚くなりシミとなってしまうのです。
 
このターンオーバーの周期は約4週間(28日間)くらいが適正といわれています。
この周期が早くなっても、遅くなってもダメで、この乱れこそが
シミを出来やすくしてしまう要因となります。
 

ターンオーバーの周期の乱れの原因とは?

image photo

遅くなる要因 加齢
早くなる要因 日焼け・肌荒れ・過度な洗顔(クレンジング)
 
日焼け・肌荒れ・過度な洗顔(クレンジング)は肌が傷つくと、早く回復しようとする働きがあるからです。
この他にも周期の乱れの原因としては
睡眠不足食生活の乱れ運動不足などが挙げられます。
 
つまり加齢や遺伝的な肌質は、もうどうすることが出来ないとしても、
それ以外は自分の努力次第でケアできるのです。
 

ターンオーバーの周期の乱れを正すには… 

  • 6時間以上の十分な睡眠を毎日とる。
  • 週1〜2回のピーリング。(※やりすぎ厳禁)
  • セラミド配合のアイテムで保湿。
  • 適度な運動で血流を促進させる。(※喫煙はダメ)
  • バランスの良い食生活

以上を心がけるようにしましょう!

ではケシミンクリームの効能って何?

まずはあのケシミンクリームの箱に書いてある効能の欄には以下のように書かれています。

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。肌あれ。あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。
皮ふをすこやかに保つ。肌を整える。皮ふにうるおいを与える。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。

つまり、ケシミンはシミを消す薬ではなく、シミやそばかすの原因となる「メラニンの生成を抑える」ためのものなのです。

ケシミンの主な成分は3つ

  • ビタミンC誘導体…メラニンの生成を抑制する成分。
  • トコフェロール…お肌の酸化を防ぎ血行を促進する成分。
  • アルブチン…美白を促す成分で、メラニンの生成も抑制する成分。

その他にも保湿効果のある成分も含まれています。

以上からケシミンはあくまでもシミ対策のクリーム。

シミを作りたくない場所に、シミができる前に、マメに塗る習慣をつければシミを防ぐことができるんでしょう!

しかしながら、もし塗り続けた場所に将来シミができなかったとしても、それがケシミンの効果と思えるかどうかは

あなた次第です!!

普通のケシミン(女性用?)とメンズケシミンは成分がどう違う?

 
一見メンズケシミンのほうが、成分が濃くて効き目が強いイメージがありますよね?
これはネットで調査してみましたが、あまり成分自体に違いはなく、マーケティング戦略として、男性でも買いやすいパッケージデザインしたり、男性が好みそうな香りを配合しただけのようです。