医薬部外品に配合されている主な美白成分を調べてみた!

  • LINEで送る
美容液イメージ

普段あなたが使用している、美容液などには様々な美白成分が配合されています。

あなたは美容液を購入する際、ちゃんと成分表を気にして買っていますか?

毎日お肌に使用するものなので、しっかりとそれらの知識を知っておくことはとても重要です。

人によっては肌に合う合わないということは、特定の配合成分が原因であるとも考えられます。

そこで、今回は代表的な美白成分とその特徴を簡単にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

美容液イメージ

 

代表的な美白成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に浸透しやすいように改良した成分。
シミだけでなくニキビの炎症も抑え、シワのケアにも効果がある。

アルプチン

コケモモから抽出された成分で、メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

コウジ酸

みそやしょうゆ由来のコウジ菌がもととなる成分。メラニン色素生成を促すチロシナーゼを抑制する作用がある。

エラグ酸

いちごから抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。
ルシノール
もみの木に入っている成分がモデルになって成分、チロシナーゼを抑制する作用がある。

リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用がある。

M-トラネキサム酸

抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を、美白成分として改良したもの。

4MSK

慢性的なターンオーバーの乱れ注目して作られた成分で。角化を正常にするほか、メラニン生成抑制も担う。

エナジーシグナルAMP

皮膚の細胞のエネルギー代謝の低下が、シミやソバカスの原因となることに着目して作られた成分。

マグノリグナン

植物に含まれる天然化合物をもとに開発された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出された成分で、チロシナーゼを抑制する作用がある。

D-メラノ

メラニンの生成の過剰を抑え、メラノサイトから表皮細胞への移動を抑制する。
別名ナイアシン(ビタミンB3)

ロドデノール

白樺の樹脂に含まれる天然物質で、メラニン生成を抑制する。特に黒色メラニンの生成を優先に抑制する。

TXC

トラネキサム酸セチル塩酸塩のことで、肌内部でメラニンの過剰な生成時に起こる主要因子の連鎖反応を食い止める。
女性イメージ

その他の美白成分

油溶性甘草エキス

甘草という漢方薬から抽出された成分で、炎症を抑える作用がある。

ハイドロキノン

美白といえばハイドロキノンといわれるほど海外ではポピュラーな美白成分。
日本では2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能になった。
チロシナーゼを抑制する作用がある。
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*